クレジットカードの審査に受かりやすくなるには

クレジットカードを作るのには審査があり、条件に合っていない場合カードを作ることはできません。

例えば収入と比べて多くの借入金がたくさんある人や、過去に支払いでトラブルが起きている人、安定した収入がない人、同時期に複数のカードに申込をした人は審査に通らないことがあります。


また年齢が高すぎる人もカードが作りにくくなります。

カードの利用履歴は信用情報に蓄積され、一定期間保持されます。



利用履歴は審査でも重要な判断基準となるのですが、その履歴が真っ白だった場合、どういった人物か判断することができないためです。年齢が若ければ初めてのカードということで納得されますが、年齢が高いと、過去に自己破産など金融事故を起こし、利用履歴がなくなるまでカードが作れなかったのではないかと憶測されてしまうのです。

クレジットカードの審査を通るのにはコツがあります。



1つ目に大切なのは、同時期に複数のカードに申込をしないことです。


同時に申込をすると、申込ブラックという状態になってしまうことがあります。

特に最近ではポイントカードのおまけのようにクレジットカード機能がついてくることもあるので、注意しなくてはなりません。借入がある人は、申込用紙に必ず正しい金額を書きましょう。

嘘を書いても信用情報と照らし合わせるので、必ずばれてしまいます。

そこであまりにも数字が違っていると、借入金を把握していないだらしがない人か、嘘つきであると思われてしまいます。

クレジットカードはなるべく若いうちに1枚は持っておくことも大切です。