クレジットカードのショッピング枠現金化について

以前は街角で「クレジットカード一枚でお金が借りれます」「カード現金化」などという怪しい広告を良く見かけました。

最近は街角での取り締まりが厳しくなっている為インターネット上に舞台を移しているようなのですが、これは「ショッピング枠の現金化」と呼ばれる物です。

仕組みは簡単で、クレジットカードで換金率が高いブランド品や高級腕時計などを購入してそれをすぐに転売する事でショッピング枠を現金にかえるという物です。



これは借金を積み重ねてもうどこからも借りれなくなりお金に困ってやる人が多いのですが、無論完全な違法行為です。
そもそもクレジットカードで購入した物は代金の支払いを利用者ではなくカードを発行する信販会社が行っており、購入した物の所有者はその信販会社です。



利用者はそれを借りているだけであって、支払いが終わる前に信販会社に無断に転売する事は横領であり懲役もあり得る犯罪です。またショッピング枠の現金化というのはどう頑張っても利用者には損しかありません。

どれだけ高級な物品であっても転売した時点で100%の代金で売れるわけはなく、何割引きかの代金で引き取られます。

その後確実に支払いはやって来るわけで、現状を悪くすることはあっても良くなることはあり得ない取引なのです。



しかし、現金をもう借りれずクレジットカード一枚だけ手元にあるという追い詰められた人にとっては焼け石に水かどうかなど関係ないというのも確かで、これを提供する悪徳業者が後を絶つことが有りません。