クレジットカードを管理する上で注意したいこと

クレジットカードは現在インターネット上などでも利用されるようになりましたが、そこではさまざまなことに注意をする必要があります。
特にその管理が雑になってしまうと、他人に勝手に自分のカードが使用されてしまい、その請求だけが自分に来るというようなことにもなってしまいかねません。

ではその管理において注意をしたいのは何かというと、インターネット上の管理ということで言えば最も注意したいのがパスワードです。
現在では複数のアカウントを同時に使っている人は珍しくありませんが、しかしそこで「全てのパスワードを別にする」ということをしている人はそこまで多くありません。
確かに複数のパスワードは管理しづらいものですし、絶対に行わなくてはならないものでは無いでしょう。

ですがクレジットカードの情報を入力した通販サイトなどであれば、別のアカウントでは使っていないパスワードを設定しなくてはなりません。



万が一ひとつのアカウントで個人情報が流出したり、不正アクセスの被害に遭うということになってしまうと、それによって芋づる式に別のアカウントの情報まで盗まれるということになってしまいます。
そのためクレジットカードの情報を入力した場合は、そこだけでも別のパスワードを使うようにした方が良いのです。

ここで使うパスワードとしてはなるべくケタ数を大きくし、英語の大文字と小文字、記号、数字を全て織りまぜるようにした方が良いでしょう。



クレジットカードの被害は毎月の請求書が来てやっとわかったり、実際に引き落とされてから分かったりと言ったことが少なくありません。

自分でしっかりとセキュリティの意識を持つことを忘れないようにしましょう。