クレジットカードにはどのような特徴があるか

クレジットカードは後払いで支払いを行えるものであり、現金を取り出す必要がないためスムーズに支払いを行えます。また、利用した金額に応じてポイントが付くため、現金で支払うよりもお得です。

クレジットカードの支払い方法として、一括払いであれば手数料はかからず、2回までの分割払いやボーナス払いでも手数料が不要なことが多いです。

分割払いは回数が増えるほど手数料が増えるため、回数を抑えた方が無駄がありません。

分割で支払う方式にリボ払いもありますが、これについては注意が必要です。

毎月設定した金額を支払っていく方式であり、それ以上の利用額があれば翌月以降に回され、このときに利息が発生します。

設定金額を下回れば1回だけで全額支払えますが、この場合でも手数料が発生するカードがあり、少額の利用には適していません。キャッシング機能を付ければお金を借りることもできます。

便利ですが、利息も発生するので利用しすぎないように注意します。



なお、キャッシングの利用枠はショッピングの枠に含まれているので、ショッピングの利用が多いと借り入れできる金額が少なくなります。

クレジットカードには電子マネーを付けられるものもあります。


利用した金額を後からカードで支払ったり、事前にカードからチャージして使うもので、カードの利用とあまり違いはありません。



しかし、店によってはクレジットカードが使えなくても電子マネーは使えることがあるので、付けておくと利便性が高くなります。