クレジットカードの安全性を高める電子マネー

電子マネーといえば元々edyなど現金で先にチャージしておくプリペイドな物が主流でしたが、最近はiDやquicpayのように後払いの、つまりポストペイのものが多くなってきています。


この様な後払いので利用には当然何らかの信用が必要です。

それを果たすのがクレジットカードと言うことになります。



つまりクレジットカードがあればポストペイの電子マネーが利用出来るわけで、むしろクレジットカードの非接触決済が後払いの電子マネーとなっているともいえます。

iDやQuicpayと利用しても決済は専用のリーダーが必要ですが、サインも暗証番号の入力も必要なく、利用したお店に個人情報も残りません。

手軽なだけでなく安全性の高い決済と言え、これからはもっと積極的に利用されているようになるといえるでしょう。



また決済のときにお店の人にカードを手渡す必要がないので店員による不正も起こりにくく、いろいろな意味で安全性が高いといえます。


一般のお店でも電子マネーでの決済に対応しているのなら積極的に利用した方が確実に安全性が高いと言えますので、このことが一般的に知られれば、一気に利用が広まると考えられます。



iDやquicpayで今特に積極的なキャンペーンなどはあまり行っていませんが、それでも普通のクレジット支払いに対して不利になるようなことはまったくありません。

安全性のためにもポストペイの電子マネーを利用することをおすすめします。