クレジットカードの発行には審査が必要

クレジットカードは現金を持っていなくても買い物が出来る非常に便利なアイテムです。
会計時にクレジットカードを提示して所定の手続きを行えば、商品を購入することが出来ます。更にポイントも貯まりますので、現金で購入するよりもお得です。


商品代金はカード会社が立て替えて販売店に支払いますので、後日カード会社から立て替えた分の請求が届くことになります。



そして利用者は支払期日までにカードの利用代金を支払います。


このようにクレジットカードを利用すれば後払いとなりますので、後日きちんと請求額を支払える人でないとカードを発行してもらえません。


そのためカード発行を申し込みした際には審査が行われます。
安定した収入があり、信用情報にも特に問題の無い場合にカードを持つことが出来ます。過去に支払いを滞納した履歴などがあれば、審査が通らなくなってしまいます。またクレジットカードの利用できる金額には限度があります。

申込人の収入などによって利用可能額は決定されますが、利用可能額は増額を申請することも可能です。


その際には新規申し込み時と同様に審査が行われますが、そこで重要とされることはこれまでカードを使用してきちんと支払っているか、ということです。
つまりカードを全く使用していない人と、カードを定期的に使用してきちんと期日までに支払っている人では、後者の方が審査には有利となります。



なぜならばきちんと支払いを行うことによって、実績を積み上げて信用力が高まっているからです。